アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

有効に活用する

持ち運びレジ

スーパーや商店などで買い物をした際、会計の時にはレジスターを用いるのが一般的です。
商品などの値段を直接入力しないでも、バーコードなどを読み取ることで認識できるので、入力の手間を大変省くことができます。
もちろん、計算機能によって、計算間違いを防止する働きもあります。
最近のレジスターでは、自動的におつりを用意してくれる機能もあるので、お釣りの取り違えも少なくなります。
このように、会計処理をスムーズに行うために、レジスターは大いに役に立っているのです。
さらに、中規模以上のスーパーなどでは、POSレジのシステムの導入によって、各機械間の情報を共有化することが出来ます。
これは、商品情報などを、各機械に個別に設定しなくても、一括して行うことができるという点で大変便利なシステムです。
さらに、商品の販売履歴や顧客情報を集約することで、仕入計画の調整や、購買層の把握を適切に行うことができます。
これら情報については、一般的なPOSレジでは、一次的な数字のデータとして出力されることが多いものです。
それらの一次的な情報を店長や会計顧問などの専門家の視点で検討することになるのです。
しかし、これではシステムというには、少し中途半端です。
確かに、その店舗での経験の豊富な専門家による判断は、一般的な会計論よりも有効であることが少なくありません。
それでも、一次的なデータの読み取りは、それを検討する人によって結果が左右され、客観性が維持されないという短所もあるのです。
このような点を踏まえて、今後のPOSレジのあり方として、商品の売れ行きの動向や顧客の購買動向のデータから、今後の仕入計画や購買層の設定まで自動化されることが望まれます。
これには、レジスター内のアプリケーションなどで処理する方法や、専門家の端末へ転送して処理する方法などがあります。
自動化といっても、最終的には、判断権者の決定によりますが、POSレジのシステムとしての進化の道筋は、おおよそこのように考えられるのです。

オススメリンク

客を待つ店員

会計に必要不可欠なもの

皆さんはレジスターと言うのをご存じだろうか。
そう買い物をした時にコンビニやスーパーで支払いをする時に通す精算機の事だ。
よく言うレジ機と呼ばれている物がそれに当たる。
日頃の生活の中で見かける機会は実に多いの…Read more

関連リンク